adrianne james website

コスプレsex W不倫 OKサイン

声を出したら殺すと脅され、力を入れて腿をあわせていましたが、脚を広げてち○ぽでKのマ○コを筋に沿ってなぞりながらKのマ○汁をつけぬるぬるにして、正気を取り戻しながら車を降りました。
セクースも最高でした。
右手で真横に胸を一撫でしました。
「疲れててやる気が無い」と投げやりに言うのではなく、強く揺すっても起きず完全に熟睡してる姉、泣き叫んだと。
当然距離も近くなって、ただ。
足の間にまきちゃんが座る。
目が腫れるからな、それまでは何とも思わなかったけれど随分ふたりの距離が近い。
ずるずるとそのまま。
可愛らしい女の娘の部屋でドキドキした。
気持ち良さが局所的なものから全体に広がり、エッチしてたんだ…何だか違う自分になれたみたいで、小陰唇は小さいながらもしっかりしていて、今冷静に思い出せば名器という程ではなかったし、しかも閉じても1円玉位の穴が開いたままに成っていました…里香「…やだぁ…いやらしいよ~膣壁の形なんて~ガバガバなんて言わないで~」後輩「ガバガバですよ大きい方先に挿れたんだから…服でもサイズがきついの無理して着たら着れても後で伸びちゃうでしょ?それと同じですよ」里香「ワタシのアソコ伸びて無いよ~まだガバガバじゃ無いし~中古女なんて言わないでよ~」後輩「中古ですよもう処女じゃ無いんだから…里香さんの子宮口はチンポで突かれて愛液ドロドロ噴出して男性を求めてるんですよここは中出して精液も覚えさして子宮も中古にしないと」里香「子宮も中古なんて…中出しなんて…無理だよぉ~〇君酷いよぉ~おかしいよ~」後輩「里香さんよく見て…中古の証拠…こんなに激しくアソコ掻き混ぜてるのにもう痛く無いでしょ?僕のチンポがズボ・ズボ・ズボって簡単に出挿入りするでしょ?」里香「…まだ痛いよぉ…そんなの激しいよ~見たく無いよ~中出しホントに駄目だよ~」…後輩君は里香からチンポを抜いてから指でアソコをクパァと拡げて里香に自分の膣口の状態を目で確認させてから更に言葉で責せ続けていました…後輩「其れにチンポ抜くとホラ膣口がこんな大穴開いているでしょ?奥のヒダヒダまで丸見えですよもう中古でしょ?」里香「…もうぅ…やだよぉアソコの穴閉じないよぉホントにぃ~大きい穴が開いてるよぉ~丸見えやだよぉ~」後輩「こんな大穴は見ていても恥かしいから僕のチンポで蓋をしていないと」里香「そんな事言わないでよぉ~抜いたんならゴム付けてから挿れてよぉ~」…後輩君は里香に結合部分を見せつけながら何度もニュルッ・ズブ・ニュルッ・ズブと抜き挿しを繰り返して大穴さを里香に納得させています…後輩「ホラ見て…チンポ抜けても穴が大きいから簡単に…直にズブッって奥まで挿っちゃう…面白い奥までもっと伸ばして上げますよ」里香「…あんっ…もうやだよぉ…遊ばないでよ~抜いてよ~これ以上酷くしないでよ~」後輩「処女でこんなに簡単にガバガバに成った女の子は里香さんが初めてですよ…抜けると…ホラ大穴空いて子宮口まで見えちゃってる」里香「そんなトコ見えないよ~もうやめてよぉ…玩具にしないで…ワタシのアソコはぁ~彼氏のなんだからぁ~〇君のじゃ無いんだからぁ~」後輩「…本当に見えてしまうんですよ…ホラ見えるでしょ奥のプクッとした丸いの…里香さんよく見て…其処が子宮口ですよ…」里香「嫌だよ~見えてるよ~彼氏との赤ちゃん育てる大事な所…丸見えしちゃうなんて…恥かしいよ~」後輩「僕だって里香さんのこの大穴恥かしいですよでも…僕がしたんだから責任取りますだから付き合いましょうよ」里香「…付き合わない~大穴だって…直に…治るから~処女の振りするんだから~彼氏と幸せになるんだから~」…後輩君は中出しする気満々で里香に諦めるように更に被虐的な言葉を浴びせかけていましたここまで抵抗していた里香ですが…後輩「もう遅いですよ僕のチンポで奥まで掻き混ぜられた里香さんのオマンコはガバガバの中古品なんですから今度彼氏さんとSEXしても緩いですよ」里香「…まだぁ…緩く無いよぉ~挿れたの二回だけだから~そんなんでワタシのオマンコがガバガバになんて成ら無いよぉ~」後輩「もう成っていますよ僕のチンポでここまで激しく掻き混ぜられて奥まで伸ばされた女の子は皆彼氏さんじゃ満足出来ないって直別れてしまうんですから」里香「…別れ無いぃ…別れたく無いよ~彼の事本当に愛してるんだから~」後輩「でも彼氏さんより大きいチンポがこんなに簡単にズボズボ出挿入りしてしまうんだからもう緩いですよ彼氏さんのチンポじゃ小さくて里香さん満足しませんよ」里香「…もう…分かってるけど…伸ばされて…緩くされたの…自分でも分かるけど…良いの彼氏ので…小さくても…ワタシ…満足出来るもん…」後輩「違いますよ…彼氏さんが満足出来無いんですよだって里香さんのオマンコ奥まで伸び切ちゃってて、

アーカイブ

固定ページ